こんなにある!サプリの種類

大きく分けて3つの種類に分けられる

自分に合ったサプリを選ぼうと思ってお店に行ってみると、あまりの種類の多さに辟易した人もあるのではないでしょうか。市場には、様々なサプリが溢れており、一体どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。 サプリは、大きく分けて3つの種類に分けることができます。1つ目は、食生活で不足しがちな栄養素を補給するためのサプリで、ベースサプリと呼ばれます。2つ目は、体の免疫力や抗酸化力を高め、体の調整を行うヘルスサプリ、3つ目は、古来から薬草として使われてきた薬草やハーブを使い、体調の改善を目的とするオプショナルサプリす。 自分の体調に合わせて、3つのうちからどのタイプのサプリを選べばよいのか吟味すると良いでしょう。

代表的なサプリメント

ベースサプリの代表的なものは、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、乳酸菌などがあります。基本的な健康維持を考えるのなら、この中から選ぶのが無難でしょう。 ヘルスサプリの代表的なものとしては、イソフラボン、ローヤルゼリー、プロポリス、ビール酵母、カテキンなどがあります。これらの成分の含有量によっても、効果に差がでてくるので、どれぐらいの濃度で配合されているかもしっかりチェックすることが大切です。 オプショナルサプリの代表的なものでは、イチョウ葉エキス、ウコン、ノコギリヤシ、マカなどがあります。サプリは健康食品なので、基本的に副作用はありませんが、オプショナルサプリの中には、妊娠中や授乳中には摂取しないほうが良いものもあるので、注意が必要です。